ケーズデンキのまとめ

家電量販店比較ナビ

家電量販店比較ナビ トップ > ケーズデンキ

ケーズデンキを紹介

株式会社ケーズホールディングスは、1947年創業、茨城県水戸市に本社を置く家電量販店チェーンを展開する企業の一つで、子会社9社、関連会社(持分法適用)1社、同社のフランチャイズ加盟5社からなる企業集団の中核企業である。家電量販店の売上高で日本国内4位(2009年3月現在)。旧ギガスケーズデンキ株式会社。

主に「ケーズデンキ」(K'sとも表記される)の店名で、上記企業集団のうち同社、子会社・関連会社7社、フランチャイズ加盟5社が営業する店舗で構成される家電量販店チェーンを展開している。社名に「ホールディングス」とついているが、現時点では純粋持株会社ではなく事業持株会社である。

基本的に、不況時には店舗新設ないしはスクラップアンドビルドによる店舗拡大を行い、好況の時には店舗新設・移設コストが掛かることから、新設・移設を行わずに、黙っていても伸びる既存店の売り上げを強化する方針をとっている。「不況」に当たっている際には、社長自らが物件視察を行って新設ないしは既存店の拡大に伴う移設を決定している。これは、子会社運営の地域やフランチャイズの店舗にも徹底させている(特に、デンコードーとギガスの社長には、ケーズHDの代表権のある副社長を兼任させており、当該エリアの本部長としての強い権限を与えている)。なお、この「物件」は、必ずしも新築・中古は問わない(一例として、2009年には、デンコードーの本拠地である仙台周辺圏では、スクラップアンドビルドにより、多賀城店を閉鎖して仙台港店を設置し、加えて東仙台店と仙台太白店をスクラップアンドビルドを伴わず新設している。ただし仙台太白店については、ケーズデンキ店舗の閉鎖は伴ってはいないものの、厳密にはデンコードーが運営する携帯電話専門店であるメディアサイト21西多賀店を閉鎖しているため、見方によってはスクラップアンドビルドにあたると言える場合もある)。

他の家電量販店に見られるポイントサービスを採用せず「その場でうれしい現金値引き」をモットーにしている。なお、現金値引きと謳っているが、実際の現金支払いと、クレジットカードや電子マネーEdyを差別している訳ではない。

また購入品の延長保証が無料で受けられるサービス「長期無料保証」を行なっている。購入金額による保障期間の違いや、パソコンを中心とした情報関連機器は保障料を必要とする延長保証である点などに注意が必要である。