ビックカメラのまとめ

家電量販店比較ナビ

家電量販店比較ナビ トップ > ビックカメラ

ビックカメラを紹介

東京、池袋を中心に日本全国に展開している家電量販店。群馬県高崎市で創業した。
当初はカメラ専門の量販安売り店だったが、競合店のCM戦略を見習い「○割・○割引は当たり前」のフレーズが誕生。インパクトあるCMで消費者に浸透し、その、家電・パソコン、酒類、ゴルフクラブ、寝具、高級ブランド品、自転車、ホビー・玩具など後取り扱う商品を拡大。現在では家電量販店の中では随一の多彩な品目を取り揃えている。

1990年代半ば、パソコン需要の高まりに早くから着目し、ビックカメラ内のパソコン販売部門の強化や、販売員のスキルアップを行い、パソコン本体・周辺機器自作PCパーツの独立店舗専門店・ビックパソコン館をオープン。その後も精力的に出店したが、2000年以降のパソコン販売単価の下落、PC本体の販売数鈍化を受けて売上げ・利益率低下に歯止めが掛からないと判断し、ビックカメラ本体に吸収合併させている。

有楽町そごう撤退後の読売会館を始め、立川伊勢丹跡地、札幌そごう跡地など百貨店跡地への出店が多い他、完全な新規出店にも積極的である。大都市駅前を中心とした積極的な出店(レールサイド戦略)を背景に、メーカーとの販売台数マージン・卸値の好条件を堅持することで、出店戦略やポイントカードなど模倣元としたヨドバシカメラに次ぐ規模まで成長した。
また、ソフマップを傘下に置くほか、ベスト電器との業務・資本提携が進められている。

「ビックポイントカード」と呼ばれるポイントカードが発行されており、これを提示することで購入金額に応じたポイントを蓄積することができる。蓄積されたポイントは次回の精算時に現金の代わりとして使用することができる。

14,800円(税込)以上の商品を購入時、レジで長期保証を希望することを告げ、購入金額の5%をポイント(購入商品で付くポイントを使用)で支払うことによって、保証書に記載されている保証期間から保証期間を延長することができる。ただし、PC本体のみ免責1万円が発生する。尚、エアコン・冷蔵庫の 10年長期保証は、10万円(税込)以上の商品が対象。